枇杷の葉茶

枇杷(びわ)の葉茶が暑気あたりや疲労回復に効果があるとされています。枇杷は、中国の揚子江沿岸を原産とするバラ科の常緑高木で、日本には幕末のころ清国から長崎に伝えられ、日本各地に広まったものです。枇杷の葉は、薬効があることから生薬名を枇杷葉(びわよう)といいます。



枇杷の葉茶は、クエン酸を含んでいることで疲労回復に効果があるといえます。クエン酸は、クエン酸サイクル効果を得ることで疲労回復に効果を発揮します。



人間はクエン酸サイクルによってエネルギーをつくりだしています。クエン酸サイクルというのは、人間の体内でクエン酸を変化させていくことでエネルギーを得て最後にまた最初のクエン酸に戻るというエネルギー生産サイクルのことです。



体内でクエン酸を作れなくなると、いわゆるガス欠状態になるんです。そして、このときに、枇杷の葉茶でクエン酸を摂るとクエン酸サイクルが復活してさらに活動が可能になるんです。これが、びわの葉茶が疲労回復に効果があるという理由です。



枇杷の葉茶にはアミグダリンが含まれています。アミグダリン(アミグダリン青酸配糖体)は、別名ビタミンB17とも呼ばれていて、肝臓や腎臓の調子を整えることで疲労回復に効果があるとされていて、解毒促進作用もあるとされています。



枇杷の葉茶に含まれるアミグダリンは、抗がん作用があることでも知られています。アミグダリンは、体内でがん細胞に出会うと活発に分解して青酸と抗がん作用があるベンツアルデヒドになります。青酸は猛毒として知られていますし、ベンツアルデヒドも強い抗がん作用があるんですがそれぞれ単独ではわずかな抗がん作用しかないようです。



青酸とベンツアルデヒドがペアとなってはじめて、がん細胞を全滅させることが可能とされています。一方、ガン細胞以外の正常な細胞に対しては、コーダネーゼという保護酵素が両物質を中和して、人体に無害で有益な物質に変えてしまうことで青酸中毒などの心配はないとされています。しかし、念のため一度に大量に摂ることは避けたほうがよさそうです。



びわの葉茶にはほかにも肌のシワ解消に効果があるとされるウルソール酸をはじめとして、ペクチン、トリテルペノイド、マスリン酸、メチルマスリネート、ユウスカピン酸、ビタミン類、葉酸、ブドウ糖、ショ糖、果糖、デキストリン、酒石酸、タンニン、オレアソール酸、サポニン、ビタミンB1などを含むことで様々な健康効果が期待されています。



枇杷は、葉だけでなく種なども利用でき、葉もお茶とするだけでなく、直接肌に貼るなど様々な利用法が知られていて、疲労回復やがんだけでなく喘息、肝硬変、糖尿病など慢性の難病にも薬効があるとされているようです。

枇杷 最新一覧 By 楽天



びわの葉のお茶





タグ:枇杷の葉茶





海外の薬通販ベストくすり



勃起不全(精力減退)を克服した店長が作った精力アップサプリメント「FORCE」


朝と夜のWアクション!飲む!男性サプリ


下半身に悩むあなたに贈る南米パワーの精力剤【Going】


もうサイズで悩まない!男性専用サプリメント【ゼファルリン】


100%返金保証付きの精力剤「The GOLD」


下半身コンプレックスの男性!必見!これはスゴイ!


ハブは生命力とスタミナの塊!横濱岩亀樓の「ハブ大王」


「勃起不全(ED)の仕組みと解決策」レポート無料プレゼント


夜を楽しみたい中高年男性には、「養蜂堂 マカ王」!


マカなら老舗のヤマノです






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。