トンカットアリ

トンカットアリ(Tongkat Ali)は、マレーシアでの呼称で、アリさんの杖という意味ですが、ここでいうアリさんとは男性器を指す言葉のようです。和名をナガエカサと言います。別名マレーシア人参とも呼ばれ、東南アジアでは強壮剤として古くから伝統的に使われています。


マレーシア、インドシナ、スマトラ、ボルネオの熱帯雨林に見られるニガキ科の潅木の1種です。学名は、Eurycoma longifoliaで、ベトナムではCay Ba Binh と呼ばれています。CAY(治) BA(百) BINH(病)は 「100の病気を治療する植物」という意味です。


トンカットアリは、マレーシアなどの熱帯雨林に育つ潅木ですが、今のところ栽培技術は確立されていないようです。そして、野生のトンカットアリは、一般の人には見つけることが非常に難しく限られた人だけがそれを探し出せるといわれています。トンカットアリは成長すれば高さ10メートルほどになりますが、幹の直径が15cmになるのに約10年もかかります。


トンカットアリを収穫するときには樹齢5年から10年位のものを選びます。また、男性ホルモンに関与する成分(ユーリコマノンなど)は根っこの部分のみにしか含まれていないので、使用できる部分はほんの僅かしかありません。さらに、どんな名人でも1日に1本を探して掘りだすのが限界だともいわれていて、このため、とても貴重なものとなっているんです。


限られた人というのは、オランアスリ ( Orang Asli )といって、マレーシアの“起源の人々”とも“先住人”とも言われ、マレー半島の熱帯雨林のジャングルの中で生活をしている人々のことです。一説では、アフリカの原生人類がアジアへ移動しマレー半島に住みついたのがオランアスリと言われ、アジア人のもっとも古い人種であるとも言われています。


そんなオランアスリは、トンカットアリの根っこを細かく砕き、それを煎じる方法で、古くから伝統的に使用しています。トンカットアリは、マレーシア大学など多くの研究機関で安全に男性ホルモン(テストステロン)の分泌を促進し、同時に精子の活動を活発にするという実験結果が発表されています。


そのほか、男性機能の改善効果があり、セックスの回数と長さが増加したり、ストレス緩和にも役立つとされています。トンカットアリの効果は朝鮮人参の5倍にあたるとの韓国での研究結果もあります。さらに、抗がん・抗HIVの特性の存在が確認されてもいます。


トンカットアリは、古くから知られた植物なんですが、その効果を見直すきっかけになったのがバイアグラだといわれています。トンカットアリは、今のところ副作用などの報告はないようです。誰でもどんな服用の仕方でも出来る安心安全な精力増強剤はさほど多くはありません。ただし、苦いのが難点かもしれません。


トンカットアリ 最新一覧 By 楽天


製薬会社の高品質国産精力剤サプリ【ビガリス】








海外の薬通販ベストくすり



勃起不全(精力減退)を克服した店長が作った精力アップサプリメント「FORCE」


朝と夜のWアクション!飲む!男性サプリ


下半身に悩むあなたに贈る南米パワーの精力剤【Going】


もうサイズで悩まない!男性専用サプリメント【ゼファルリン】


100%返金保証付きの精力剤「The GOLD」


下半身コンプレックスの男性!必見!これはスゴイ!


ハブは生命力とスタミナの塊!横濱岩亀樓の「ハブ大王」


「勃起不全(ED)の仕組みと解決策」レポート無料プレゼント


夜を楽しみたい中高年男性には、「養蜂堂 マカ王」!


マカなら老舗のヤマノです






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。