カンカ(砂漠人参)

カンカ(カンカニクジュヨウ)はハマボウフウ科ニクジュヨウ属の植物です。滋養強壮として使用される漢方調剤用の医薬品肉ジュヨウ(Cistanche Salsa G. Beck)と同じニクジュヨウ属の植物です。



主にタクラマカン砂漠など砂漠地帯でタマリクス(紅柳)の根部に寄生する多年草の植物で、砂漠人参ともいわれ、過酷な自然環境の砂漠でも育つ強靭な生命力をもちます。カンカは、1年〜1年半位の短期間で十分な大きさに生育します。収穫は秋頃に行われており、過酷な砂漠環境で花を咲かせます。



カンカには、カンカノシド(抗酸化作用や血管拡張作用がある)、アクテオシド(ワインの15倍の抗酸化力があるといわれ、ポリフェノールの一種で抗腫瘍作用や肝臓保護作用、ストレス負荷による性行動や学習行動の低下を回復させるといわれる)、エキナコシド(echinacoside)(西洋ハーブ「エキナセア」の有効成分)をはじめ、アルカノイド、フラボン類、アミノ酸、フェニルエチルアルコール配糖体、イリドイド類、D−マンニトール、β−シトステロール、多糖類等や無機微量元素などが含まれています。



このほか血管拡張作用、抗疲労作用、抗酸化作用、抗老化作用、免疫増強作用、美白作用などが確認されていて、インポテンツ、不妊症、アルツハイマー病などの治療に用いられてきました。



「カンカ」の主要産地タクラマカン砂漠は『死の砂漠』と呼ばれる荒涼とした大地が東西千キロ、南北四百キロに広がる広大無比の砂漠で昼と夜の寒暖の差が激しく、砂嵐がたびたび吹き荒れる厳しい自然環境です。


そんな環境にもかかわらず、タクラマカン砂漠の南に位置するホータンでは、100歳を超えるお年寄りが多く暮らすことで、世界四大長寿村と言われる地域です。カンカは、長寿の秘訣として伝承的にスープやお茶にして食されています。さらに、古来より滋養強壮の生薬として用いられてきました。



現在、「カンカ」の人工栽培技術が確立され、栽培は砂漠緑化に貢献するため産業振興と砂漠緑化の両面から、カンカの人工栽培とタマリクスの植林をホータン政府も推進しています。 したがって、カンカは、精力増強剤として注目の素材といえます。
カンカ 最新一覧 By 楽天


マカを凌ぐエビデンス!和漢5大人参配合の精力剤「カンカ」



タグ:カンカ





海外の薬通販ベストくすり



勃起不全(精力減退)を克服した店長が作った精力アップサプリメント「FORCE」


朝と夜のWアクション!飲む!男性サプリ


下半身に悩むあなたに贈る南米パワーの精力剤【Going】


もうサイズで悩まない!男性専用サプリメント【ゼファルリン】


100%返金保証付きの精力剤「The GOLD」


下半身コンプレックスの男性!必見!これはスゴイ!


ハブは生命力とスタミナの塊!横濱岩亀樓の「ハブ大王」


「勃起不全(ED)の仕組みと解決策」レポート無料プレゼント


夜を楽しみたい中高年男性には、「養蜂堂 マカ王」!


マカなら老舗のヤマノです






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。