テストステロン

テストステロンが、精力増強剤として利用されることがあります。テストステロン (testosterone) は、 アンドロゲンに属するステロイドホルモンで、男性ホルモンの一種です。男性だけでなく女性も体内でわずかですが分泌しています。



テストステロンは、男性の場合、一般に30歳ごろから減少しはじめ、年1〜2%の割合で減少するといわれています。テストステロンの減少は男性更年期と呼ばれますが、女性の更年期ほどには急激にホルモン分泌は変化せず、身体や精神に与える影響も個人差が大きいためこれまで、男性の更年期について注目されることがありませんでした。テストステロンの減少率は個人差が大きく、70代になっても、30代の平均値に匹敵するテストステロン値を維持している男性も多いことが知られています。



テストステロンの作用のひとつに、「性欲」「性衝動」があるといわれています。異性を惹きつける体臭と言われるフェロモンを発生させて、ドーパミンという興奮作用のある神経伝達物質を増やします。そして、骨盤神経に作用して勃起を起こすなど、男性がセックスを行うために必要な「興奮」「勃起」などのスイッチを次々と立ち上げて行くというとても重要なはたらきをしています。



テストステロンは、女性も分泌していますが、その量は男性の5〜10%程度といわれています。わずかな量ですが、女性の性衝動に寄与しているとの報告があるようです。男女にかかわらず、テストステロンは人間自身が分泌する、最も自然で強力な媚薬であり、天然の催淫薬といえそうです。



そこで、テストステロンを補うことでより強力な媚薬効果を得ることが出来るのではないかということで利用されているんです。そして、天然型のテストステロンは、経皮吸収型として使用され、皮膚を介して血液中に直接吸収されます。効果は短いので毎日使用しなければならないようですが、その代わり血中濃度は注射よりも安定的に経過するといわれています。ちなみに、部位にもよりますが吸収される量は使用量の約10%と言われています。



エナント酸テストステロンとかシピオン酸テストステロンと呼ばれる合成テストステロンは、注射によって摂取します。注射されてから7〜10日間は効果が持続するといわれています。但し、血中濃度は注射直後が一番高くなり、時間を追うごとに劇的に低下するようです。



体内のテストステロンの分泌を増やすことは歓迎されているようですが、体外からテストステロンを摂取することは、副作用が起こる可能性を否定できないために、あまり歓迎すべきこととはいえないようです。とくに、常用することは非常にリスクの大きいことといえるようです。





海外の薬通販ベストくすり



勃起不全(精力減退)を克服した店長が作った精力アップサプリメント「FORCE」


朝と夜のWアクション!飲む!男性サプリ


下半身に悩むあなたに贈る南米パワーの精力剤【Going】


もうサイズで悩まない!男性専用サプリメント【ゼファルリン】


100%返金保証付きの精力剤「The GOLD」


下半身コンプレックスの男性!必見!これはスゴイ!


ハブは生命力とスタミナの塊!横濱岩亀樓の「ハブ大王」


「勃起不全(ED)の仕組みと解決策」レポート無料プレゼント


夜を楽しみたい中高年男性には、「養蜂堂 マカ王」!


マカなら老舗のヤマノです






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。