ストリキニーネ

ストリキニーネを精力増強剤のひとつとして使用する例があります。ストリキニーネ (strychnine) は、非常に毒性が強いことが知られています。ストリキニーネという呼び名は、この成分がマチン科の樹木マチンの種子から得られることから、1819年にマチンの学名 Strychinos nux-vomica にちなみ命名されたものです。



マチンとは、インド原産と言われ、インドやスリランカ、東南アジアやオーストラリア北部などに成育する樹木で、高さは15mから30m以上になります。冬に白い花を付け、直径6〜13cmの橙色の果実を実らせます。果実の中の数個の平らな灰色の種子の主成分が、ストリキニーネ及びブルシンで、種子一個でヒトの致死量に達するといわれています。



ストリキニーネは、主にねずみのような小動物を殺すのに用いられています。名称が似ている、キニーネとは全くの別の物です。ストリキニーネは、単体は無色柱状結晶で、熱湯に溶けやすくアルコール、クロロホルムに若干溶けます。極めて強い苦味を持つため、医学においては苦味健胃薬として用いられてもいます。その苦味は、1ppm程度でも認識できるほどです。



ストリキニーネは、非常に大切な刺激剤、強壮剤として尊重されてきましたが、その毒性を考えるのであれば、常用することは決しておススメできることではないといえます。





海外の薬通販ベストくすり



勃起不全(精力減退)を克服した店長が作った精力アップサプリメント「FORCE」


朝と夜のWアクション!飲む!男性サプリ


下半身に悩むあなたに贈る南米パワーの精力剤【Going】


もうサイズで悩まない!男性専用サプリメント【ゼファルリン】


100%返金保証付きの精力剤「The GOLD」


下半身コンプレックスの男性!必見!これはスゴイ!


ハブは生命力とスタミナの塊!横濱岩亀樓の「ハブ大王」


「勃起不全(ED)の仕組みと解決策」レポート無料プレゼント


夜を楽しみたい中高年男性には、「養蜂堂 マカ王」!


マカなら老舗のヤマノです






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。