タウリン

タウリンが、精力増強に効果があるといわれています。タウリン(Taurine)は、私達の身体や細胞を正常な状態に戻そうとする作用(ホメオスタシス)があり、肝臓の働きを促す作用があることで精力増強に効果があるといわれています。



タウリンは、体内では、非必須アミノ酸で含硫アミノ酸のシステインから合成されます。別名アミノエチルスルホン酸(Aminoethylsulfonic acid)といい、アミノ酸に非常に近い成分で、シトルリンのように遊離した状態で存在しています。



ヒトにおいては心臓に多く含まれ、次いで筋肉、肝臓、腎臓、肺、脳などに含まれ、また、網膜や卵巣、精子などにも含まれ、体重が60kgのヒトでは約60gのタウリンが存在しています。



体内の殺菌・消毒・解毒の作用をする白血球の中にも多く存在して、病気や傷、ストレスなどがあると体内のタウリン量が急増して原因の除去に働くことで、体を元気にしてくれる作用があります。



白血球の一種である好中球が殺菌の際に放出する活性酸素や過酸化水素の放出(呼吸バースト)を抑える抗酸化作用もあります。



タウリンは、胆汁の主要な成分である胆汁酸と結合(抱合)し、タウロコール酸などの形で存在しています。消化作用を助けるほか、神経伝達物質としても作用しています。



視力低下や暗順応機能の低下は、タウリン不足が原因のひとつといわれています。暗順応とは、暗闇の中で目が慣れて、徐々にまわりを見ることができる順応機能のことです。



中高年が、暗闇の中で目が慣れるまで時間がかかるのは、老化にともないタウリンの合成量が減少していることによると考えられています。したがって、タウリンの摂取は、知覚神経に作用し暗順応機能の活性化を期待されています。



タウリンは、肝機能を高めることで精力増強に効果があるとされていますが、それは、胆汁酸の分泌を盛んにすることで肝臓の働きを助ける作用と、肝細胞の再生を促進させる作用、細胞膜を安定化する作用によると考えられています。



そして、肝臓から分泌される胆汁酸には、コレステロールを排泄させる働きがあることから、タウリンによって胆汁酸の分泌が増えると、血液中のコレステロール値も下がります。



また、お酒のアルコールは体内に入ると、いったん肝臓内でアセトアルデヒドに分解され、さらに酵素によって再び分解されます。この分解作業は肝臓にとって多大な負担ですが、タウリンを摂取すると、酵素の働きを助けることで、アルコールの分解を早め、肝臓への負担を軽くしてくれます。



タウリンは、肝臓に溜まった中性脂肪を肝臓から排出して、脂肪肝を改善する働きがあることも知られています。また、タウリンは概日リズム(サーカディアンリズム)という生体リズムの調節作用をもつメラトニン(melatonin)の分泌の調節をしていて、睡眠と密接に関係しています。



したがって、タウリンは、肝機能を高めるだけでなく、睡眠に関与することでも精力増強に効果があるといえそうです。タウリンは一日約200mgが尿中に排泄されます。体内の合成力が衰えると不足をきたすといえます。



タウリン 最新一覧 by 楽天
タグ:タウリン





海外の薬通販ベストくすり



勃起不全(精力減退)を克服した店長が作った精力アップサプリメント「FORCE」


朝と夜のWアクション!飲む!男性サプリ


下半身に悩むあなたに贈る南米パワーの精力剤【Going】


もうサイズで悩まない!男性専用サプリメント【ゼファルリン】


100%返金保証付きの精力剤「The GOLD」


下半身コンプレックスの男性!必見!これはスゴイ!


ハブは生命力とスタミナの塊!横濱岩亀樓の「ハブ大王」


「勃起不全(ED)の仕組みと解決策」レポート無料プレゼント


夜を楽しみたい中高年男性には、「養蜂堂 マカ王」!


マカなら老舗のヤマノです






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。