田七人参

田七人参は、またの名を三七人参(サンシチニンジン)、金不換(きんふかん)、山漆(さんしつ)とも呼ばれています。



三七(さんしち)とは、種を播いてから3〜7年たたないと収穫できないことから、三七(さんしち)と呼ばれているもので、「金にも換えがたい」ほど貴重であるという意味で、金不換(きんふかん)、漆のように、しっかりと傷口をふさぐ止血作用があることから、山漆(さんしつ)とも呼ばれています。



田七人参は、肝障害治療の伝統薬として著名な片仔廣(へんしこう)の主成分であるように、肝臓の働きを促進し、保護する働きがあります。



肝臓は、最大の内臓です。非常に機能が多いことで知られ、代謝、排出、胎児の造血、解毒、体液の恒常性の維持などにおいて重要な役割を担っています。特にアルコール分解能があることで知られています。また、十二指腸に胆汁を分泌することで消化にも一定の役割を持っています。



さらに、その働きは細かいものを入れれば少なくとも500以上あるとされ、これと同機能を持つ化学工場は作れないとも言われるほど多機能であるため、人工臓器としての実用化が非常に難しい臓器です。



肝臓は、ヒトの活動のエネルギーとなる糖の代謝、脂質の代謝、蛋白質の代謝、の働きを持つことなどから、肝臓の働きを促進し、保護する働きがある田七人参には精力増強作用があるとされています。



田七人参 最新一覧 by 楽天
タグ:田七人参





海外の薬通販ベストくすり



勃起不全(精力減退)を克服した店長が作った精力アップサプリメント「FORCE」


朝と夜のWアクション!飲む!男性サプリ


下半身に悩むあなたに贈る南米パワーの精力剤【Going】


もうサイズで悩まない!男性専用サプリメント【ゼファルリン】


100%返金保証付きの精力剤「The GOLD」


下半身コンプレックスの男性!必見!これはスゴイ!


ハブは生命力とスタミナの塊!横濱岩亀樓の「ハブ大王」


「勃起不全(ED)の仕組みと解決策」レポート無料プレゼント


夜を楽しみたい中高年男性には、「養蜂堂 マカ王」!


マカなら老舗のヤマノです






×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。